雲煙過眼(読み)ウンエンカガン

デジタル大辞泉の解説

うんえん‐かがん〔‐クワガン〕【雲煙過眼】

蘇軾「宝絵堂記」から》がたちまち過ぎ去ってしまうように、物事を長くに留めないこと。物事に執着しないこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うんえん‐かがん ‥クヮガン【雲煙過眼】

〘名〙 雲が目の前を過ぎても、長くは心にとどまっていないように、物事をあまり心に留めないこと。煙雲の過眼。
※政党評判記(1890)〈利光鶴松〉三「卿にして一旦嫁することあらんか〈略〉天下の青年皆卿を見る、雲烟過眼の無情ならん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

雲煙過眼

雲やかすみが、いったんの前を過ぎてしまえば長く心にとどまらないように、物事をあまり心に留めないこと。

[使用例] は今まで好んで小説を読みしかども、いまだ小説上につきて何らの見識も有せず、ただ雲烟過眼視せるのみ[正岡子規*筆まかせ|1884~92]

[使用例] 日本の作家も決して狭量に、こういうことを雲煙過眼視すべきではありますまい[手塚富雄*私小説と教養小説|1949]

[解説] 「雲煙」は、雲と煙、転じて雲とかすみ。消えやすいもののたとえ。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる