コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手塚富雄 てづかとみお

3件 の用語解説(手塚富雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手塚富雄
てづかとみお

[生]1903.11.29. 宇都宮
[没]1983.2.12. 東京
ドイツ文学者。第一高等学校東京大学卒業。松本高等学校教授を経て東大教授。学生時代『新思潮』同人として小説を書き,のちには高野素十について俳句を学んだりした。ドイツ近代詩に造詣深く,『ゲオルゲリルケの研究』 (1960) ,『ヘルダーリン』 (2巻,80,81) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

手塚富雄 てづか-とみお

1903-1983 昭和時代のドイツ文学者。
明治36年11月29日生まれ。東京帝大在学中第7次「新思潮」を創刊。昭和24年東大教授,のち立大,共立女子大の教授。46年「ファウスト」の翻訳で読売文学賞。56年文化功労者。昭和58年2月12日死去。79歳。栃木県出身。著作に「ヘルダーリン伝」「ドイツ近代詩人論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

手塚富雄
てづかとみお
(1903―1983)

独文学者、評論家。栃木県宇都宮市生まれ。東京帝国大学独文科卒業。東大、立教大、共立女子大教授を歴任。繊細精緻(せいち)な感性と解釈力でゲーテ、ヘルダーリン、カロッサらの内面を味到、『ファウスト』は名訳とされる。ヒューマンなエッセイも多い。主著『ヘルダーリン』(1977~80)で1981年、文化功労者となる。学士院会員。ほかに『ドイツ近代詩人論』(1949)、『一青年の思想の歩み』(1954)、『ゲオルゲとリルケの研究』(1960)、『ものいわぬ日本を考える』(1972)などの著書がある。[高橋英夫]
『『手塚富雄著作集』全八巻(1980~81・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手塚富雄の関連キーワード宇都宮タワー宇都宮パルコララスクエア宇都宮栃木県宇都宮市旭栃木県宇都宮市桜栃木県宇都宮市滝の原栃木県宇都宮市新里町栃木県宇都宮市馬場通り栃木県宇都宮市茂原栃木県宇都宮市若草

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手塚富雄の関連情報