コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手塚富雄 てづかとみお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手塚富雄
てづかとみお

[生]1903.11.29. 宇都宮
[没]1983.2.12. 東京
ドイツ文学者。第一高等学校,東京大学卒業。松本高等学校教授を経て東大教授。学生時代『新思潮』同人として小説を書き,のちには高野素十について俳句を学んだりした。ドイツ近代詩に造詣深く,『ゲオルゲリルケの研究』 (1960) ,『ヘルダーリン』 (2巻,80,81) などがある。翻訳も多く,ゲーテファウスト』『ゲーテ詩集』などが有名。文化的,時事的な評論も書いた。アカデミックなドイツ文学研究に清新な風を吹込んだ功績は大きい。著作集8巻がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

手塚富雄 てづか-とみお

1903-1983 昭和時代のドイツ文学者。
明治36年11月29日生まれ。東京帝大在学中第7次「新思潮」を創刊。昭和24年東大教授,のち立大,共立女子大の教授。46年「ファウスト」の翻訳で読売文学賞。56年文化功労者。昭和58年2月12日死去。79歳。栃木県出身。著作に「ヘルダーリン伝」「ドイツ近代詩人論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

手塚富雄
てづかとみお
(1903―1983)

独文学者、評論家。栃木県宇都宮市生まれ。東京帝国大学独文科卒業。東大、立教大、共立女子大教授を歴任。繊細精緻(せいち)な感性と解釈力でゲーテ、ヘルダーリン、カロッサらの内面を味到、『ファウスト』は名訳とされる。ヒューマンなエッセイも多い。主著『ヘルダーリン』(1977~80)で1981年、文化功労者となる。学士院会員。ほかに『ドイツ近代詩人論』(1949)、『一青年の思想の歩み』(1954)、『ゲオルゲとリルケの研究』(1960)、『ものいわぬ日本を考える』(1972)などの著書がある。[高橋英夫]
『『手塚富雄著作集』全八巻(1980~81・中央公論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

手塚富雄の関連キーワードビュヒナー(Karl Georg Büchner)ペーター・シュレミールの不思議な物語ドクトル・ビュルガーの運命ファウスト(ゲーテの悲劇)コルベンハイヤー美しき惑いの年シュティフタードゥイノの悲歌手塚 富雄高橋英夫昭和時代こわれ甕

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android