雷の陣(読み)かみなりのじん

  • かみなり
  • かんなり
  • の 陣(じん)

精選版 日本国語大辞典の解説

雷鳴の時、宮中に臨時に設けられる警固の陣。近衛の将官が清涼殿の孫廂(まごびさし)に伺候し弦打(つるうち)して天皇を守る。かんなりのじん。《季・夏》
※延喜式(927)一二「凡内舎人参雷鳴陣者、立春興殿西廂
※枕(10C終)二五八「かんなりのぢんの舎人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android