雷の陣(読み)かみなりのじん

精選版 日本国語大辞典の解説

かみなり【雷】 の 陣(じん)

雷鳴の時、宮中に臨時に設けられる警固の陣。近衛の将官が清涼殿の孫廂(まごびさし)に伺候し弦打(つるうち)して天皇を守る。かんなりのじん。《季・夏》
※延喜式(927)一二「凡内舎人雷鳴陣者、立春興殿西廂

かんなり【雷】 の 陣(じん)

※枕(10C終)二五八「かんなりのぢんの舎人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android