コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雹害 ヒョウガイ

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐がい【×雹害】

が降ることによって受ける、作物などの被害

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうがい【雹害 hail damage】

降ひょうによって農作物や農業施設が受ける被害をいう。積乱雲中の雪の結晶が,落下中に過冷却の水滴を凍りつかせて大きくなり落下する。落下速度は直径2cmのひょうで秒速20m,5cmのひょうで30mぐらいであり,被害のほとんどはひょうの打撃による。初夏や秋の午後に,幅数km,長さ数十kmの地域に長くても10~15分の降ひょうのあることが多い。北関東甲信越地方,東北,北海道の山間部,ついで中国地方の山間部で多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうがい【雹害】

雹による農作物などの被害。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雹害の関連キーワード護符