コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雹害 ヒョウガイ

3件 の用語解説(雹害の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐がい【×雹害】

が降ることによって受ける、作物などの被害。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうがい【雹害 hail damage】

ひょうによって農作物農業施設が受ける被害をいう。積乱雲中の雪の結晶が,落下中に過冷却の水滴を凍りつかせて大きくなり落下する。落下速度は直径2cmのひょうで秒速20m,5cmのひょうで30mぐらいであり,被害のほとんどはひょうの打撃による。初夏や秋の午後に,幅数km,長さ数十kmの地域に長くても10~15分の降ひょうのあることが多い。北関東甲信越地方,東北,北海道の山間部,ついで中国地方の山間部で多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひょうがい【雹害】

雹による農作物などの被害。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雹害の関連キーワード農業共済組合虫害有機栽培商業施設農業保険優良農地暖冬害農業施設降ひょう抑制実験

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雹害の関連情報