甲信越地方(読み)こうしんえつちほう

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県(長野県・新潟県)〕甲信越地方(こうしんえつちほう)


中部(ちゅうぶ)地方のうち、山梨県・長野県・新潟県の総称。甲斐(かい)(山梨県)・信濃(しなの)(長野県)・越後(えちご)(新潟県)の旧3国の頭文字をとった略称。東京および関東地方との経済的・社会的な結びつきが強く、「関東甲信越地方」と一括されることも多い。山地高原が多く、魚沼産コシヒカリなどの銘柄米、果物や高原野菜の大産地。首都圏避暑・レクリエーション地帯としても機能する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲信越地方
こうしんえつちほう

関東地方の西部から北西部に隣接する甲斐(かい)(山梨県)、信濃(しなの)(長野県)、越後(えちご)(新潟県)の3国(3県)の地域をいい、旧国名の頭(かしら)文字をとって甲信越地方とよばれる。甲信越地方をひとまとめにしてよぶのは、この地域が関東地方の隣接地域であるとともに、経済・社会などの諸生活も東京をはじめ関東との結び付きがきわめて強いことによる。
 こうした甲信越地方の、京浜や関東の外圏化の動きは、行政地域の所属の変遷にもよくみられる。明治時代には、甲州は東海地方に入れられ、信州は北陸(越後を含む)といっしょで北信地方といわれていた。それが大正から昭和前期にかけては、甲州はおもに関東に、ついで信州もまた関東に結び付けられて「関東甲信」とされた。越後は国鉄(現JR)上越線の開通(1931)後は関東と直結することとなった。そして、第二次世界大戦後は関東ブロックに入れられ、甲信とあわせて「関東甲信越」と関東圏にまとめられるようになった。
 甲信越のもつ山地、高原は、京浜巨大都市群の避暑地として、また登山、スキー、スケート、ドライブなどのスポーツの場として、あるいは緑にあふれる林野や田園、水流は、林間学校や貸し農園、観光農園、釣り場などのレクリエーション地域としての役割を果たし、関連施設の増加が目だっている。[浅香幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甲信越地方の関連情報