コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒョウ

デジタル大辞泉の解説

ひょう【×雹】

主に積乱雲から降る直径5ミリ以上のまたは塊。多くは雷雨に伴って降り、農作物や人畜に被害を与える。 夏》「常住の世の昏(くら)みけり―が降る/草田男
[補説]「雹」の字音はハク・ホクであるが、「ひょう」はこのホクがハウになったものの音変化とも、「氷」の字音からとも、また「ひょうう(氷雨)」の音変化ともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

空から降ってくる氷の粒で、直径五mm以上のもの。五mm未満が(あられ)。五月から六月は雹の季節。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひょう【雹】

多く雷雨に伴って降る直径約5~50ミリメートルの氷の粒もしくは塊。農作物や家畜に被害を与えることがある。 [季] 夏。 〔「雹」の字音は、ハク・ハウ。「ひょう」は「氷」の音をあてたものとも、「氷雨ひようう」の転ともいう〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ひょう

積乱雲から降る大粒の氷。直径が5ミリメートルを超えるものをいい、それより小さいと氷あられに分類される。表面は滑らかな氷であるが、こぶができて凹凸になっていることもある。割ってみると、透明な部分と、白く不透明なところが交互に何層かに重なっている。あられあるいは凍った水滴が芯(しん)になってできる。雲の中の水滴がこれに衝突付着したとき、すぐに凍ると粒状の構造になるので気泡が多く、雪あられに似た白く不透明で密度が小さい層ができる。水滴が広がり水の膜になってから凍ると、透明な層になる。中間型で、スポンジ状の氷になることもある。付着する水滴の大きさや、温度、衝突の速度などが層のでき方に影響する。大きく成長するには、ある程度落下してから上昇気流にのって宙返りし、ふたたび上昇する。これを十分間くらい繰り返すと、かなりの大きさになる。ときには、いくつかくっつきあって、おもしろい形をつくる。大きさは、普通、直径で表現するが、大豆とか鶏卵などに例えて表現することもある。埼玉県下では、カボチャ大で重さ数キログラムもある雹が降った記録がある。径が小さかったり気温が高いと、落下中に溶けて大粒の雨になる。これは水雹(みずひょう)ともいわれる。平均の密度は0.9グラム毎立方センチメートル程度のものが多い。
 落下速度は大きさによって異なる。小さいのは10メートル毎秒くらい、非常に大きいものは30メートル毎秒を超える。
 降雹は、日本では晩春か初夏の午後に多い。よく、寒冷前線の近くで不安定な空気が強い上昇気流を引き起こし、発生した積乱雲の中で雹が形成される。しばしば雷を伴い、5、6分程度でやんだり、雨に変わったりする。幅が数キロメートルの帯のように狭い降雹域は、雹の道とよばれる。小さい雹でも農作物に被害を与えるが、大きいのは人畜を傷つけたり、建物などを壊す。直撃の降雹で人が死んだ例もある。雹を抑制するいろいろな方法がある。雹ができそうな雲に吸湿性凝結核になる種をまくと、雲の下部に多くの雨滴ができて、降水が始まる時間が早くなるので、雹ができにくい。また小さなロケットなどを使って雲の中にヨウ化銀の種をまき、小粒の雹を数多くつくってやると、地面に落下するまでにそれが溶けて、被害を軽減する。ただしいずれも、抑制効果についての評価はまちまちである。[篠原武次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

雹の関連キーワードアイミドリ(藍緑)ペイヨ ヤーボロフ断熱過程[大気]ハイドロメテオル拡張担保特約あられ(霰)住宅火災保険スーパーセルチャラゾイド普通火災保険メソ低気圧疾風・早手ヤーボロフカンザス州気象災害気象制御ぼこぼこ木村夏子ヤボロフ弾け飛ぶ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雹の関連情報