コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気化学反応 でんきかがくはんのうelectrochemical reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電気化学反応
でんきかがくはんのう
electrochemical reaction

電気エネルギー化学変化との関係を含む化学反応。反応式中には常に電子を伴う。電気分解や電池の反応は,電気化学反応に基づく現象である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電気化学反応
でんきかがくはんのう
electrochemical reaction

化学的エネルギーを電気的エネルギーに変える反応、またはこの逆を行う反応全般をさして電気化学反応という。化学反応式中にかならず電子が参加している。前者の例としては、たとえば乾電池とよばれる二酸化マンガン電池があり、炭素と亜鉛の二つの電極と二酸化マンガン、塩化アンモニウムの電解質、減極剤からなり、次の反応により電流が取り出せる。まず陽極では、
  2H++2e-―→H2
  H2+2MnO2―→Mn2O3H2O
陰極では、
  Zn―→Zn2++2e-
  Zn2++2NH4Cl―→Zn(NH3)2Cl2+2H+
である。したがって電池内での全反応は
  Zn+2MnO2+2NH4Cl
   ―→Mn2O3H2O+[ZnCl2(NH3)2]
である。後者の例としては、電解質溶液に浸した二つの白金電極に外部から電流(電子の流れ)を供給してやると、酸素や水素などが発生する電解反応がある。[戸田源治郎・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電気化学反応の関連情報