コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気化学反応 でんきかがくはんのうelectrochemical reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電気化学反応
でんきかがくはんのう
electrochemical reaction

電気エネルギーと化学変化との関係を含む化学反応。反応式中には常に電子を伴う。電気分解電池の反応は,電気化学反応に基づく現象である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電気化学反応
でんきかがくはんのう
electrochemical reaction

化学的エネルギーを電気的エネルギーに変える反応、またはこの逆を行う反応全般をさして電気化学反応という。化学反応式中にかならず電子が参加している。前者の例としては、たとえば乾電池とよばれる二酸化マンガン電池があり、炭素と亜鉛の二つの電極と二酸化マンガン、塩化アンモニウムの電解質、減極剤からなり、次の反応により電流が取り出せる。まず陽極では、
  2H++2e-―→H2
  H2+2MnO2―→Mn2O3H2O
陰極では、
  Zn―→Zn2++2e-
  Zn2++2NH4Cl―→Zn(NH3)2Cl2+2H+
である。したがって電池内での全反応は
  Zn+2MnO2+2NH4Cl
   ―→Mn2O3H2O+[ZnCl2(NH3)2]
である。後者の例としては、電解質溶液に浸した二つの白金電極に外部から電流(電子の流れ)を供給してやると、酸素や水素などが発生する電解反応がある。[戸田源治郎・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

電気化学反応の関連キーワードフィッシャー(Franz Fischer)ガルバニックコロージョンフランツ フィッシャーポーラログラフィー電気エネルギー電解ソーダ法電気化学工業生物電池電気防食物理化学燃料電池電流効率陰極反応陽極反応陽極酸化過電圧腐食