コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電磁ホーン でんじホーン electromagnetic horn

2件 の用語解説(電磁ホーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電磁ホーン
でんじホーン
electromagnetic horn

導波管の端を円錐形または角錐形に開いたもの。自由空間とのインピーダンス整合のためである。電磁らっぱともいう。マイクロ波を方向を定めて外界に放射するときに用いる。電磁ホーンだけであると球面波となって広がるので,普通は電波レンズパラボラアンテナを併用し,波面を平面にする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電磁ホーン
でんじほーん

マイクロ波用電波放射器の一つで、音声で用いられるメガホンと同じように、方形あるいは円形導波管の先端をピラミッド形に広げたもの。電磁ラッパともいう。先端の面を開口面といい、これが大きいほど指向性は鋭くなり、また、受信に用いるときには、受信される電力も大きくなる。しかし、この広げる角度が大きすぎると、接続部から伝搬してくる電波の位相が開口面上で同相でなくなる。すなわち、中心の位相に対して縁端部の位相が遅れてくるので、正面方向では、開口面各部からの電波が同相で加わらなくなる。したがって、電界は弱くなり、指向性は幅広くなる。この欠点を除くのが電波レンズである。
 電磁ホーンは指向性、効率などアンテナとしての諸特性を正確に計算できるので、標準アンテナとして比較用に用いられるが、単独ではほとんど用いられない。主として放物鏡アンテナやカセグレンアンテナの励振(れいしん)用アンテナ(一次放射器ともいう)として用いられている。[関口利男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電磁ホーンの関連キーワード円錐花序導波管円錐形コルネにお雪霰方錐形コルネ型円錐形岩床チョココルネ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone