震顫・振顫(読み)しんせん

精選版 日本国語大辞典「震顫・振顫」の解説

しん‐せん【震顫・振顫】

〘名〙
① ふるえること。
※青べか物語(1960)〈山本周五郎〉狐火「こちらの瞳孔震顫(シンセン)するように、不安定に揺れながら」
② (「震戦」とも書く) アルコール中毒、ニコチン中毒ヒステリー小脳の疾患などにより頭部、手指躯幹などの筋肉が無意識的にふるえること。
※日蝕(1948)〈石上玄一郎〉一「起きあがらうとすると激しい震顫が身体に現はれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android