コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霧降高原 きりふりこうげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

霧降高原
きりふりこうげん

栃木県北西部,赤薙 (あかなぎ) 山 (2010m) 南東斜面にある高原。標高約 750~1300mで,軽石層から成る。カラマツの新緑,夏のニッコウキスゲ,秋の紅葉として知られ,スキー場もあり,四季を通じての行楽地。南東には上下二段から成る霧降滝がある。日光国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きりふり‐こうげん〔‐カウゲン〕【霧降高原】

栃木県北西部、日光市にある高原。赤薙(あかなぎ)山(標高2010メートル)の南東斜面に広がる。ニッコウキスゲヤマツツジの群生地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きりふりこうげん【霧降高原】

栃木県日光市、赤薙あかなぎ山・女峰によほう山の山麓にある高原。日光三名瀑の一、霧降の滝がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕霧降高原(きりふりこうげん)


栃木県北西部、日光(にっこう)火山群東端の赤薙(あかなぎ)山(標高2010m)の東麓(とうろく)一帯をいう。日光国立公園に属し、初夏、ニッコウキスゲの花で埋まる。周辺に雲竜(うんりゅう)渓谷、霧降(きりふりの)滝などの景勝が点在。スポーツ施設やキャンプ場があり、麓から通じる霧降高原道路は2006年(平成18)9月26日から無料化された。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霧降高原
きりふりこうげん

栃木県日光市、女峰(にょほう)山・赤薙(あかなぎ)山の南東麓(ろく)にある高原。キャンプ場で知られる小倉(おぐら)山(753メートル)北方、標高約800~1600メートルの比較的傾斜の緩い斜面。東端を板穴(いたあな)川が南流し、日光三名瀑(めいばく)の一つ、霧降滝がかかる。滝の水流が岩に当たって砕け散るさまからこの名がおこったという。春のヤシオツツジ、夏のニッコウキスゲ、秋の紅葉が美しい。日光駅からバスで10~20分。ここから大笹(おおざさ)牧場へ霧降高原道路が通じる。[平山光衛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の霧降高原の言及

【日光】より

… 表日光は日光市街地を中心にした大谷川沿いの地域で,かつては神仏習合の〈日光山〉と総称された二荒山(ふたらさん)神社,東照宮,輪王(りんのう)寺の2社1寺とその門前町を含み,華美な彫刻のほどこされた東照宮陽明門をはじめ人工美にあふれ,かつては〈日光詣〉でにぎわい,今も日光観光の中心地にあたる。また市街の北,赤薙(あかなぎ)山南麓の霧降(きりふり)高原はニッコウキスゲの群落や紅葉で知られ,板穴川にかかる霧降滝(落差75m)は,華厳滝,裏見滝とともに日光三名瀑に数えられる。 馬返~中宮祠(ちゆうぐうし)間の坂は道路のカーブが48あったことから,いろは48文字にちなんでいろは坂と名付けられた。…

※「霧降高原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

霧降高原の関連キーワードニュー霧降キャンプ場栃木県日光市日光三名瀑日光(市)女峰山雲竜東麓山麓

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

霧降高原の関連情報