コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山躑躅 ヤマツツジ

デジタル大辞泉の解説

やま‐つつじ【山躑躅】

ツツジ科の半落葉低木。山野に生え、葉は楕円形で両面に毛があり、枝先に集まってつく。初夏、朱赤色か紅紫色の漏斗状の花をつける。多くの変種がある。につつじ。 春》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やまつつじ【山躑躅】

ツツジ科の半落葉低木。各地の山野に普通にみられ、庭木ともされる。高さ約1メートル、よく分枝し、枝・葉に粗毛がある。四、五月ごろ枝先に径約5センチメートルの朱赤色の漏斗状花を二、三個ずつつける。古名アカツツジ。 [季] 春。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山躑躅 (サツキ)

植物。ツツジ科の常緑低木。サツキツツジの別称

山躑躅 (ヤマツツジ)

学名:Rhododendron kaempferi
植物。ツツジ科の常緑低木

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

山躑躅の関連キーワードミヤマキリシマ(深山霧島)モチツツジ庭木粗毛

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android