コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霧降滝 きりふりのたき

3件 の用語解説(霧降滝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

霧降滝
きりふりのたき

栃木県北西部,鬼怒川の支流の板穴川が石英斑岩の岩壁にかかる滝。滝水が砕けて霧のように落ちることが地名の由来。2段に分れ,上滝 25m,下滝 26m,全長 75m。観瀑台があり,滝壺へ降りる道もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きりふり‐の‐たき【霧降滝】

栃木県日光市中部、板穴川にかかる滝。二段からなり、高さ約75メートル、幅約15メートル。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕霧降滝(きりふりのたき)


栃木県北西部、日光(にっこう)市の霧降高原を流れる板穴(いたあな)川上流部にかかる滝。上下2段に分かれ、落差は計75m。華厳(けごんの)滝・裏見(うらみの)滝と並ぶ日光三名瀑(めいばく)の一つ。「日本の滝百選」に選定。観瀑台(かんばくだい)や滝壷(たきつぼ)へ通じる遊歩道を完備。霧降高原道路に近く、ツツジニッコウキスゲの群落がみられる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の霧降滝の言及

【日光】より

… 表日光は日光市街地を中心にした大谷川沿いの地域で,かつては神仏習合の〈日光山〉と総称された二荒山(ふたらさん)神社,東照宮,輪王(りんのう)寺の2社1寺とその門前町を含み,華美な彫刻のほどこされた東照宮陽明門をはじめ人工美にあふれ,かつては〈日光詣〉でにぎわい,今も日光観光の中心地にあたる。また市街の北,赤薙(あかなぎ)山南麓の霧降(きりふり)高原はニッコウキスゲの群落や紅葉で知られ,板穴川にかかる霧降滝(落差75m)は,華厳滝,裏見滝とともに日光三名瀑に数えられる。 馬返~中宮祠(ちゆうぐうし)間の坂は道路のカーブが48あったことから,いろは48文字にちなんでいろは坂と名付けられた。…

※「霧降滝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

霧降滝の関連キーワード霧降高原日光山日光日光霧降高原チロリン村日光山唄日光巻き栃木県立日光自然博物館栃木県日光市所野栃木県日光市日光栃木県鹿沼市日光奈良部町

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

霧降滝の関連情報