靉靆(読み)アイタイ

デジタル大辞泉の解説

あい‐たい【××靆】

[ト・タル][文][形動タリ]
雲や霞(かすみ)などがたなびいているさま。
「真直(まっすぐ)に立ち上る香の煙、―と棚引き薫じて」〈木下尚江良人の自白
気持ちや表情などの晴れ晴れしないさま。陰気なさま。
「主人側の男たちは―として笑った」〈岡本かの子・河明り〉
[名]眼鏡。
「めがねを―と云ふ」〈養生訓・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あいたい【靉靆】

( トタル ) [文] 形動タリ 
雲のたなびくさま。また、雲の厚いさま。 「紫の雲-と棚引き/細君 逍遥
陰気なさま。また、ほの暗いさま。 「主人側の男たちは-として笑つた/河明り かの子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android