コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青城山 せいじょうさん

世界の観光地名がわかる事典の解説

せいじょうさん【青城山】

中国の四川省都江堰(とこうえん)市南西15kmに位置する、「幽山」と称される、緑が美しい山。省都の成都からは70km離れている。峰々が周囲を囲み、山道の両側には樹齢の古い木々が高くそびえる。前山と後山に分けられ、前山の景色は優美で、文化財や古跡が多い。後山は神秘的な美しさにあふれ、原始の世界を感じさせる。また、中国における道教の発祥地の一つで、道教の名山にも属している。おもな見どころは、建福宮、天然図画、天師洞、上清宮などで、建福宮は山歩きの基点となっている。◇1年を通して緑に覆われていることから、「青城山」と呼ばれるようになった。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

青城山【せいじょうさん】

中国四川省江堰市にある山地。古くから,道教文化の中心地の一つとして知られ,唐代に建てられた建福宮をはじめ,朝陽洞,祖師殿など道宮や道観の重要な建築が集中している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

青城山の関連キーワード青城山と都江堰水利〈灌漑〉施設キンチェンシャン四川(省)杜光庭李雄

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android