コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道観 どうかんdao-guan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道観
どうかん
dao-guan

中国,道教道士が居住し,修行する建物。神像を置いて祭祀を行う建物の「」や「宮」の意味で使われることもある。南北朝の道教の教団組織の成立に伴って,道も整備され,唐,宋時代には全国的に普及した。金のとき全真教が興ってから,元,明,清を通じて道観は全真教系と天師道系 (→五斗米道 ) の二大派に分れた。北京の白雲観は,全真教の総本山として有名。また民間の関帝廟,娘々 (じょうじょう) 廟,城隍廟なども道観の一種である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

どう‐かん〔ダウクワン〕【道観】

道教の寺院。道士のいる建物。観。
仏語。人を感化して善に導くことと、みずから空(くう)の理を悟ること。化道(けどう)と空観

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

どうかん【道観 dào guān】

中国で,道教の道士が居住して修行し,祭儀を行うところ。治,館,観,庵,宮,廟などともいう。その起源は後漢末に成立した五斗米道(天師道)教団の置いた24治にあるといわれる。以後南北朝時代を通じて,南朝では宋の陸修静の崇虚館,簡寂館,斉の孫遊岳の興世館,梁の陶弘景の華陽館などがあるが,いずれも館と称しおおむね民間道士の個人的修行道場であった。一方,北朝では北魏の終南山の楼観を初めとしておおむね観と称し,寇謙之の新天師道以来の国家権力との強い結びつきを反映して,北周の玄都観や国立宗教研究所とでもいうべき通道観およびその後身の隋の玄都観などの国立の道観が次々と建てられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

どうかん【道観】

道士(道教の僧)が居住する道教寺院。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道観
どうかん

道教の神々を奉祀(ほうし)し、道士が祭儀を営む建物。仏教の寺院に相当する。観とは楼観すなわち高い楼閣からおこった名称。たとえば長春宮、碧霞(へきか)宮や、白雲観、玄妙観などの称があり、あわせて宮観(きゅうかん)という。宮も観もいずれも規模が大きくて格式のある道観につけられる。また東岳廟(とうがくびょう)、関帝(かんてい)廟などのように廟と称するものもある。これは王室の宗廟と同じく祖霊を祀(まつ)る祠堂(しどう)であるが、一般には道教系に限らず、民間信仰の小祠や仏教の寺院まで広げて汎称(はんしょう)する。ほかに道院の称もあり、道士修行の場所の意に用いられる。道観や廟は道士が住持するのがたてまえであるが、正規の道士が少ない地方では、仏教の和尚(おしょう)が住することもあった。中華民国時代の廟産整理や革命以後の反迷信政策から、多くの道観は廃絶するか、もしくは兵営、役場、民居などに転用されていたが、文化大革命以後、それらのうち文化史跡として貴重か、または観光用として必要なものは復旧して開放されることになった。[澤田瑞穂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の道観の言及

【寺院建築】より

…このように,インドシナにおいてはクメール建築のおよぼした影響は大きい。【伊東 照司】
【中国】
 中国の宗教建築には,国家自身が挙行する祭祀儀礼のための壇や,政治教理に直接かかわりをもった儒教の廟を別として,仏教の寺,道教の道観,イスラムの寺院(モスク),および各種の民間信仰の祠廟などさまざまなものがある。また,実例はすでに失われたが,歴史上には景教(キリスト教ネストリウス派),マニ教,祆教(けんきよう)(ゾロアスター教)などの寺院が建てられた時期もあった。…

※「道観」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

道観の関連キーワード武当山の古代建築物群パイロウ(牌楼)K. クラウス翰林図画院上京臨潢府歴代名画記玉清照応宮尉遅乙僧高階成忠千山山脈無上秘要細川満元寺院建築内道場林霊素楊凝式清真寺開元寺太清宮嵩岳寺

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道観の関連情報