コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青山秀夫 あおやまひでお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青山秀夫
あおやまひでお

[生]1910.3.21. 岡山
[没]1992.2.16. 京都
理論・計量経済学者。 1932年京都帝国大学卒業。大阪経済大学講師などを経て,46年京都大学教授。退官後,関西学院大学,摂南大学教授を歴任独占理論や景気変動論で先駆的業績を残すとともに,M.ウェーバーの人間像を描いた『マックス・ウェーバー』 (1951) によって青年たちに影響を与えた。そのほかの著書に『独占の経済理論』 (37) ,『近代国民経済の構造』 (48) ,『経済変動理論の研究』 (49~53) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青山秀夫 あおやま-ひでお

1910-1992 昭和-平成時代の経済学者。
明治43年3月21日生まれ。昭和21年京都帝大教授となり,41年京大経済研究所長。のち関西学院大教授。理論・計量経済学会会長をつとめた。学士院会員。日本の近代経済学の基礎をきずいたひとり。平成4年2月16日死去。81歳。岡山県出身。京都帝大卒。著作に「独占の経済理論」「マックス・ウェーバーの社会理論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

青山秀夫の関連キーワードチェンバリン(Edward Hastings Chamberlin)新古典派総合独占的競争青山 秀夫北欧学派手工業

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android