コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青江舜二郎 あおえ しゅんじろう

1件 の用語解説(青江舜二郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青江舜二郎 あおえ-しゅんじろう

1904-1983 昭和時代の劇作家,評論家。
明治37年11月26日生まれ。「火」で小山内薫(おさない-かおる)にみとめられ,師事する。戦後は東京電機大教授をつとめ,雑誌「悲劇喜劇」で後進を育成。昭和33年「法隆寺」で岸田演劇賞。評論に「日本芸能の源流」など。昭和58年4月30日死去。78歳。秋田県出身。東京帝大卒。本名は大島長三郎。
【格言など】人間の欲望には限(き)りがない。それをあくまでも満たそうとするかぎり,人間には満足も幸福もないのだ(「(天地民話劇)ゲイとルン」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

青江舜二郎の関連キーワード宇野信夫伊藤松雄岡田禎子小崎政房郷田悳辻山春子仲木貞一中野実藤井真澄村田修子

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青江舜二郎の関連情報