コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会教育主事 しゃかいきょういくしゅじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会教育主事
しゃかいきょういくしゅじ

1920年「地方社会教育専任担当の主任吏員」として,文部省行政指導により道府県市町村に設けられたのが最初。 25年地方社会教育職員制 (勅令) が定められ,「地方ニ於ケル社会教育ニ従事」するものとなり,官吏待遇の扱いを受けた。第2次世界大戦後,51年の社会教育法一部改正により,「社会教育を行うに専門的技術的な助言指導を与える」ものとして,都道府県教育委員会に設置義務が課せられた (人口1万未満の自治体は当分猶予) 。その資格,養成方法 (講習形式による) ,研修なども同法で定められ,別に教育公務員特例法により,教育委員会の「専門的教育職員」であることが明示された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

社会教育主事

社会教育主事は都道府県及び市町村教育委員会に、学芸員は博物館に置かれている専門職員。市町村における社会教育主事の設置促進のため、都道府県の社会教育主事を市町村の求めに応じて派遣する制度が、1974年度に設けられた。75年度からはスポーツ担当の社会教育主事に対する補助が創設、制度化されている。そのほか、社会教育に携わっている専門職員には公民館主事、図書館司書などがある。

(新井郁男 上越教育大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃかいきょういく‐しゅじ〔シヤクワイケウイク‐〕【社会教育主事】

都道府県や市町村の教育委員会に置かれる専門的職員。地域社会における生涯学習普及の担い手として、学校以外で社会教育活動をする人に対して助言や指導などを行う。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

社会教育主事【しゃかいきょういくしゅじ】

都道府県および市町村の教育委員会に必置の職員で,社会教育を行う者に専門的・技術的な助言と指導を与えることを職務とする。社会教育法に基づく任用資格を要する。教育公務員特例法(1949年)上の専門的教育職員である。
→関連項目教育公務員

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しゃかいきょういくしゅじ【社会教育主事】

社会教育法に基づき、社会教育を行う者に専門的・技術的な助言と指導を行う者。都道府県および市町村の教育委員会事務局におかれる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の社会教育主事の言及

【社会教育法】より

…第1章(総則)においては,まず第1条で〈教育基本法の精神に則り〉とうたうことによって,個人の成長発達と憲法理念の実現を担う資質の形成に役立つよう,学校以外の領域でひろく教育機会が保障されるべきことを示し,第3条で社会教育が自主性を本質とし,行政機関がその振興のための環境醸成に努めることを定めるほか,第3章(社会教育関係団体)で国民の自主活動の自由の保障,第4章(社会教育委員)で住民代表による社会教育行政への参加の保障,第5章(公民館)で日常生活圏域内におかれ,住民がその運営に参加する教育文化施設としての公民館の設置と運営の原則をそれぞれ明示している。なお,第2章の専門的教育職員としての社会教育主事を定める規定が51年に追加され,59年にはその市町村段階までの必置,民間団体への補助金支出禁止解除など,行政指導強化の方向をもった改正がなされている。社会教育【島田 修一】。…

※「社会教育主事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

社会教育主事の関連キーワード国立教育政策研究所社会教育実践研究センター社会教育法(日本)島袋 源一郎青江 舜二郎島袋源一郎北原久仁香妹尾映美子松原 一彦高橋 正之瀬岡容子杉山俊輔雁田理未村井美樹野口知美吉田嗣延高橋正之関 靖川村綾

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社会教育主事の関連情報