青色発光ダイオード(読み)アオイロハッコウダイオード

化学辞典 第2版「青色発光ダイオード」の解説

青色発光ダイオード
アオイロハッコウダイオード
blue light emitting diode

460 nm波長の光を出すInGaN/GaNのダブルヘテロ構造をもつダイオード発光機構は,ドナーアクセプター間での発光である.pおよびn型の不純物としては,それぞれMgとSiが用いられている.赤・緑・青(RGB)の3色が発光ダイオードで実現できたことで,蛍光灯にかわる白色のあらたな光源として応用が期待されている.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

デジタル大辞泉「青色発光ダイオード」の解説

あおいろ‐はっこうダイオード〔あをいろハツクワウ‐〕【青色発光ダイオード】

発光ダイオードのうち、青色の光を発するもの。青色LED
[補説]平成26年(2014)、「高輝度で省電力の白色光源を可能にした青色発光ダイオードの発明」により赤崎勇天野浩中村修二ノーベル物理学賞を受賞した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android