青酸化合物(読み)せいさんかごうぶつ(英語表記)cyanide compound

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青酸化合物
せいさんかごうぶつ
cyanide compound

シアン化合物ともよばれるきわめて強い毒性を示す化合物。青酸とはシアンcyanのことであり、ギリシア語で青いという意味のcyanoということばに由来する。
 代表的なものに、青酸カリと俗称されるシアン化カリウム(青酸カリウム、KCN)や、青酸ソーダと俗称されるシアン化ナトリウム(青酸ナトリウム、NaCN)などがある。金属の精錬(冶金(やきん))やめっき、果樹の害虫駆除薬などとして用いられ、またシアン化水素(青酸ガス、HCN)が船舶や輸入食品の燻蒸(くんじょう)剤として、シアン化ヨウ素(ヨウ化シアン、ICN)が昆虫標本の保存剤などに使用される。また臭化シアン(BrCN)は強い催涙性を示す。
 これらが一定量体内に取り込まれると、胃液の酸に反応してHCNが発生し、高濃度の摂取ではその強い毒性によって嘔吐(おうと)、頭痛、めまいなどの急性の中毒症状を引き起こす。重症化すると呼吸麻痺(まひ)から昏睡(こんすい)に陥り、数分から数時間の間に死に至ることもある。
 自然界では青梅、杏仁(きょうにん)(アンズの種)、ビワ、カシューナッツなどの果実や種子にアミグダリンなどのシアン(青酸)配糖体が含まれている。これらが酵素により分解されてHCNが生成されるため、大量摂取すると重篤な中毒症状をおこすことがある。
 これら青酸化合物は、毒物及び劇物取締法によって毒物として指定され、その製造法や含有量および使用法について規制が設けられている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青酸化合物の関連情報