コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非伝統的金融政策 ヒデントウテキキンユウセイサク

デジタル大辞泉の解説

ひでんとうてき‐きんゆうせいさく【非伝統的金融政策】

中央銀行が、金融調節を行うために市中から買い入れる資産の範囲や規模を、従来以上に拡充させる政策。マネタリーベースを拡大して市中に潤沢な資金を供給する量的緩和CP社債などのリスク資産を従来の範囲を超えて購入する信用緩和などがある。金融危機によって金融市場の機能が低下し、短期金利の引き下げという伝統的な手法が有効でない場合に導入される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

非伝統的金融政策の関連キーワードマイナス金利政策ゼロ金利政策超低金利政策金融緩和ドラギ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

非伝統的金融政策の関連情報