コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非伝統的金融政策 ヒデントウテキキンユウセイサク

1件 の用語解説(非伝統的金融政策の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひでんとうてき‐きんゆうせいさく【非伝統的金融政策】

中央銀行が、金融調節を行うために市中から買い入れる資産の範囲や規模を、従来以上に拡充させる政策。マネタリーベースを拡大して市中に潤沢な資金を供給する量的緩和CP社債などのリスク資産を従来の範囲を超えて購入する信用緩和などがある。金融危機によって金融市場の機能が低下し、短期金利の引き下げという伝統的な手法が有効でない場合に導入される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

非伝統的金融政策の関連キーワード日本銀行法発券銀行最後の貸手BIS(Bank for International Settlements)欧州中央銀行(European Parliament)公開市場操作(open market operation)国際決済銀行(BIS:Bank for International Settlements)中央銀行(Central Bank)委託介入新金融調節方式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

非伝統的金融政策の関連情報