コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非伝統的金融政策 ヒデントウテキキンユウセイサク

デジタル大辞泉の解説

ひでんとうてき‐きんゆうせいさく【非伝統的金融政策】

中央銀行が、金融調節を行うために市中から買い入れる資産の範囲や規模を、従来以上に拡充させる政策。マネタリーベースを拡大して市中に潤沢な資金を供給する量的緩和CP社債などのリスク資産を従来の範囲を超えて購入する信用緩和などがある。金融危機によって金融市場の機能が低下し、短期金利の引き下げという伝統的な手法が有効でない場合に導入される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

非伝統的金融政策の関連キーワードマイナス金利政策ゼロ金利政策超低金利政策金融緩和ドラギ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

非伝統的金融政策の関連情報