コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非放射遷移 ひほうしゃせんいradiationless transition

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非放射遷移
ひほうしゃせんい
radiationless transition

原子や分子が光の照射,放電,高速粒子の衝突などによってエネルギーの高い状態に励起されたとき,時間とともになんらかの方法でそのエネルギーを失ってもとの状態に戻るが,光 (一般には電磁波) の放射を伴わない場合を特に非放射遷移という。微視的にみれば,励起エネルギーが気体では並進や回転のエネルギーに,固体の場合では格子振動などのエネルギーに転換されて失われる過程である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone