コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非放射遷移 ひほうしゃせんいradiationless transition

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非放射遷移
ひほうしゃせんい
radiationless transition

原子や分子が光の照射放電,高速粒子の衝突などによってエネルギーの高い状態に励起されたとき,時間とともになんらかの方法でそのエネルギーを失ってもとの状態に戻るが,光 (一般には電磁波) の放射を伴わない場合を特に非放射遷移という。微視的にみれば,励起エネルギーが気体では並進や回転のエネルギーに,固体の場合では格子振動などのエネルギーに転換されて失われる過程である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

非放射遷移の関連キーワードレーザー消光

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android