コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非放射遷移 ひほうしゃせんい radiationless transition

2件 の用語解説(非放射遷移の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非放射遷移
ひほうしゃせんい
radiationless transition

原子や分子が光の照射,放電,高速粒子の衝突などによってエネルギーの高い状態に励起されたとき,時間とともになんらかの方法でそのエネルギーを失ってもとの状態に戻るが,光 (一般には電磁波) の放射を伴わない場合を特に非放射遷移という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひほうしゃ‐せんい〔ヒハウシヤ‐〕【非放射遷移】

励起された原子や分子が、光(電磁波)の放出を伴わずに元の低エネルギーの状態に遷移すること。並進・回転・振動などの運動エネルギー格子振動による熱エネルギーに変換されて散逸する。非輻射遷移無放射遷移無輻射遷移

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

非放射遷移の関連キーワードδ線分子線ノックオンバンド構造光解離自動イオン化イオン化放射線アンル効果ニュートンの光の理論ハンレ効果

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone