コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非電離放射線 ヒデンリホウシャセン

デジタル大辞泉の解説

ひでんり‐ほうしゃせん〔‐ハウシヤセン〕【非電離放射線】

原子分子電離する作用をもたない、または作用が小さい電磁波国際放射線防護委員会ICRP)の定義では、電波赤外線可視光線近紫外線など、比較的エネルギーの小さい電磁波を指す。携帯電話・テレビ放送・ラジオ放送の電波や、送電線が発する低周波などがこれにあたる。→電離放射線
[補説]電離放射線ほどではないが、近紫外線による日焼けや白内障、可視光線による網膜の損傷、赤外線やマイクロ波による加熱・やけどなど、生体への影響もあることがわかっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

非電離放射線の関連キーワード電波防護指針ICNIRPSAR補説

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android