コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

靴形斧 くつがたおの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

靴形斧
くつがたおの

縦軸に対して刃が斜めにつき,平面形が靴に似た石斧および青銅または鉄製の靴形の斧。前者は新石器時代東南アジア諸地域に分布する。後者は石斧の系統をひくもので,中国雲南地方から東南アジアに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くつがたおの【靴形斧 shoe shaped axe】

中国西南部,インドシナインドネシアに分布する斜刃の斧。石斧と青銅斧がある。刃が軸に対して左右対称でないため平面形が靴を側面からみた形をなすもので,靴の製作に使われる靴型に形が似ているヨーロッパ新石器時代の靴型斧とは異なる。青銅のものの分布の中心は雲南からベトナムにかけてで,無文のものと有文のものがある。有文のものは,いわゆるドンソン文化(ドンソン)の特徴である舟にのった羽人の文様を特徴とし,銅鼓などと共通した一連の文化の所産であることを示す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android