鞍馬石(読み)クラマイシ

世界大百科事典 第2版の解説

くらまいし【鞍馬石】

京都市鞍馬山に産するセン緑岩の石材名。通常鉄さび色をした自然石のまま庭石に用いられる。石灯籠,水鉢などにも利用されるが,この時も自然の肌を最大に生かすように加工されている。【矢橋 謙一郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くらまいし【鞍馬石】

京都市鞍馬から産出する閃緑岩せんりよくがんの石材。庭石などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android