コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓国併合条約

1件 の用語解説(韓国併合条約の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

韓国併合条約

1910(明治43)年8月22日、寺内正毅・韓国統監が大韓帝国の李完用首相と調印し、朝鮮半島を名実ともに日本の植民地とした。条約は29日の公布。日本はすでに軍の圧力のもと、05年に結んだ日韓保護条約で外交権を奪うなどしていたため、韓国は「併合条約は当初から無効だった」と主張している。

(2010-08-14 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

韓国併合条約の関連キーワード寺内寿一デービス明治寺内柏田盛文高祖保税所篤人正田篠枝津田永佐久練木喜三

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

韓国併合条約の関連情報