コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓龍雲 かんりゅううんHan Yong'un

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

韓龍雲
かんりゅううん
Han Yong'un

[生]李太王16(1879).7.12. 忠清南道,洪城,西部面竜虎里
[没]1944.5.9. ソウル,城北洞
朝鮮の詩人,僧侶,独立運動家。号,卍海 (万海) 。本名,裕天。龍雲は法号。三・一運動のとき独立宣言に署名した民族代表の一人として3年間入獄。 1918年仏教雑誌『惟心』を発行,31年『仏教』誌を編集。 26年詩集『ニム (愛する人) の沈黙』で文壇に確固たる位置を占めた。作品は,日本支配下での抵抗的傾向とともに,仏教的瞑想による自然への没入観照からくる神秘的な世界と抒情性との巧みな融合に特色がある。ほかに小説『黒風』 (1935) ,『薄命』 (38) などがある。 73年『韓龍雲全集』が刊行された。朝鮮のタゴールと称される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

韓龍雲
かんりゅううん / ハンヨンウン
(1879―1944)

朝鮮の思想家、詩人、僧侶(そうりょ)。号は万海、俗名は裕天、龍雲は法名。1904年僧になり、三・一独立宣言書に仏教界を代表して署名し、以後死ぬまで民族主義者としての節を曲げなかった。論著に『朝鮮仏教維新論』『仏教大典』『朝鮮独立の書』ほか。文学書としては長編数編と詩集『ニムの沈黙』がある。1926年発行の同詩集巻頭の「ニムの沈黙」は近代朝鮮を代表する詩の一編といえる。「会う時に別れを憂うように別れる時にまた必ず会えると信じます/ああ、ニムは去ったけれども、わたしはニムを送りませんでした/思うにまかせないわたしの愛の歌はニムの沈黙を包んでめぐります」。このニムは恋人とも民族の独立ともとれ、さらに広く憧憬(しょうけい)の対象すべてともとれる。彼の詩は叙情的であると同時に思想的できわめて味わい深い。[大村益夫]
『安宇植訳『ニムの沈黙』(1999・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

韓龍雲の関連キーワード独立宣言書高 銀

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android