コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓龍雲 かんりゅううん Han Yong'un

2件 の用語解説(韓龍雲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

韓龍雲
かんりゅううん
Han Yong'un

[生]李太王16(1879).7.12. 忠清南道,洪城,西部面竜虎里
[没]1944.5.9. ソウル,城北洞
朝鮮の詩人,僧侶,独立運動家。号,卍海 (万海) 。本名,裕天。龍雲は法号。三・一運動のとき独立宣言に署名した民族代表の一人として3年間入獄。 1918年仏教雑誌『惟心』を発行,31年『仏教』誌を編集。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

韓龍雲
かんりゅううん / ハンヨンウン
(1879―1944)

朝鮮の思想家、詩人、僧侶(そうりょ)。号は万海、俗名は裕天、龍雲は法名。1904年僧になり、三・一独立宣言書に仏教界を代表して署名し、以後死ぬまで民族主義者としての節を曲げなかった。論著に『朝鮮仏教維新論』『仏教大典』『朝鮮独立の書』ほか。文学書としては長編数編と詩集『ニムの沈黙』がある。1926年発行の同詩集巻頭の「ニムの沈黙」は近代朝鮮を代表する詩の一編といえる。「会う時に別れを憂うように別れる時にまた必ず会えると信じます/ああ、ニムは去ったけれども、わたしはニムを送りませんでした/思うにまかせないわたしの愛の歌はニムの沈黙を包んでめぐります」。このニムは恋人とも民族の独立ともとれ、さらに広く憧憬(しょうけい)の対象すべてともとれる。彼の詩は叙情的であると同時に思想的できわめて味わい深い。[大村益夫]
『安宇植訳『ニムの沈黙』(1999・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

韓龍雲の関連キーワード好太王増補文献備考李太王好太王碑李太白李太白集太王四神記 チュシンの星のもとに 韓国ドラマ「太王四神記」より太王四神記 Ver.II 新たなる王の旅立ち 韓国ドラマ「太王四神記」より織田長恭永楽太王

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone