コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音曲力草 おんぎょくちからぐさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音曲力草
おんぎょくちからぐさ

地歌三弦楽譜。宝暦 12 (1762) 年大坂北村屋喜八郎刊,佐助編,大庭巴流序。横本1冊本。端唄 10曲について,歌詞の左側に三弦の弦名を数字で示し,さらにその左側に,勘所と演奏法および音型を独特の記号で示したもの。題簽には,音曲の2字は角書 (つのがき) で,ただ『ちから草』とあり,内題にはただ『力草』と記される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

音曲力草の関連キーワード三味線

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android