コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勘所 かんどころ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勘所
かんどころ

日本音楽の用語。「感所」とも書く。三味線一弦琴二弦琴などの弦楽器で,弦を押えて音高を定める位置 (ポジション) のこと。ツボ,カンツボともいう。楽器,種目,流派によって所のそれぞれに,特定の呼称がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐どころ【勘所/甲所/肝所】

三味線などで、音調を整えるために指で弦を押さえるところ。つぼ。
はずすことのできない大事なところ。肝心なところ。急所。「―を心得た仕事ぶり」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんどころ【勘所】

邦楽用語。弦楽器を演奏するとき,弦の振動する長さを加減して音高の上下を調節するために指で押さえる位置のこと。〈つぼ〉ともいう。三味線,胡弓,一弦,二弦琴など楽器の種類によって,それぞれの勘所に特定の名称がある。勘所を示すことを中心に記譜された楽譜を勘所譜といい,義太夫節ではという。洋楽のポジションに当たるが,この語はトロンボーンなど弦楽器以外でも用いる。【植田 隆之助】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の勘所の言及

【三味線】より


[演奏法]
 ふつう,左手を三味線の棹に当て,右手首で胴を押さえ,右手に持った撥で糸を上から下へはじいて弾くのが基本である。棹に当てた左手の指先で糸を押さえて音高を決めるが,その押さえる位置を勘所(かんどころ)または壺(坪)という。特殊な奏法に次のようなものがある。…

※「勘所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

勘所の関連キーワード押さえる・押える・抑える鶴沢清七(1世)勘所・肝所・甲所鶴沢清七(初代)二弦琴・二絃琴律呂三十六声センツベリー壺にはまる川瀬里子口三味線フレット糸竹大全御山獅子音曲力草押える工工四五線録壺・壷八雲琴スリ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勘所の関連情報