コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音響化学 おんきょうかがくsonochemistry

世界大百科事典 第2版の解説

おんきょうかがく【音響化学 sonochemistry】

音化学ともいう。弾性波化学作用に関連した学問領域で,とくに超音波を活用した分野を呼ぶ。超音波(振動数2万Hz以上)の化学作用は,大別すると弾性波と物質との相互作用によって生ずる物理量の変化に起因するものと,さらにその二次的作用によってひき起こされる現象に分類される。前者は,固体・液体・気体を研究対象として広い分野に利用され,超音波の音速やその減衰を測定する物理化学,溶液中の化学反応への応用,振動緩和現象や相転移の臨界現象を動的に解析する研究などに用いる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

音響化学の関連キーワード音化学ルミネセンス

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android