(読み)クダリ

  • ▽件
  • ▽件/▽条
  • くだん
  • けん
  • 件(くだん)
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

《「下(くだ)り」と同語源》
文章における記述の一部分。章。条。段。「冒頭の―がよく書けている」
前に述べた事柄。くだん。
「上の―啓せさせけり」〈大和・一六八〉
《「くだり(件)」の音変化。ふつう「くだんの」の形で用いる》
前に述べたこと。例の。くだり。「の用件で話したい」
いつものこと。例のもの。
「―の売卜者(うらない)の行灯が」〈鏡花婦系図
[名]事柄。特に、問題になる、ある特定の事柄。「例のは承知しました」
[接尾]助数詞。事柄・事件などを数えるのに用いる。「問題は三ある」
[音]ケン(漢) [訓]くだり くだん
学習漢字]5年
事柄。「件数件名案件雑件事件条件物件与件用件要件
[名のり]かず・なか・わか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くだり(件)の転。普通、くだんのの形で用いる
前に述べたこと。くだり。 -の用件で参上します
いつものこと。例のこと。 -の大矢を打ちくはせ/保元
[句項目] 件の如し
[1]
事柄。ある事に関する事項。 おたずねの-
接尾
助数詞。事柄の数を数えるのに用いる。 今月の交通事故は一〇〇-を超えた

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「くだり(件)」の変化した語。ふつう、「くだんの」の形で連体詞的に用いる)
① 前に述べた事柄を、読者や聞き手がすでに承知しているものとして、さし示す語。「の」を伴った形で、前に述べた、さっきの、例の、の意に用いる。→件の如し
※今昔(1120頃か)一三「天皇、此の事を聞き給て、宣旨を下して、件(くだん)の僧を召す」
② その行動、状態などが人々によく知られているものとして、その事柄をさし示す語。「の」を伴った形で、例の、いつもの、あの、の意に用いる。
※吾妻鏡‐元暦二年(1185)一月六日「さやうの論をすべきやうなし。件のさまたげ止させ給ふべく候」
※仮名草子・伊曾保物語(1639頃)中「鶴、件のくちばしを伸べ、狼の口をあけさせ、骨をくはへて」
③ なにかさしさわりがあって、はっきりことばで表わすのを避けるときに用いる語。あれ。例のもの。
※古今著聞集(1254)二〇「五六尺ばかりなるくちなは、いづくよりかきたりつらん、件のかしらにあやまたずくひつきにけり」
[1] 〘名〙 問題としてとりあげられた、ある特定のことがら。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉虚業家尺牘数則「其折御相談の件本日当銀行重役に談じ候」
[2] 〘接尾〙 事柄を数えるのに用いる。〔俚言集覧(増補)(1899)〕〔汪元量‐湖州歌〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

件の関連情報