件/条(読み)クダリ

デジタル大辞泉の解説

くだり【件/条】

《「下(くだ)り」と同語源》
文章における記述の一部分。章。条。段。「冒頭の―がよく書けている」
前に述べた事柄。くだん。
「上の―啓せさせけり」〈大和・一六八〉

くだん【件】

《「くだり(件)」の音変化。ふつう「くだんの」の形で用いる》
前に述べたこと。例の。くだり。「の用件で話したい」
いつものこと。例のもの。
「―の売卜者(うらない)の行灯が」〈鏡花婦系図

けん【件】

[名]事柄。特に、問題になる、ある特定の事柄。「例のは承知しました」
[接尾]助数詞。事柄・事件などを数えるのに用いる。「問題は三ある」

けん【件】[漢字項目]

[音]ケン(漢) [訓]くだり くだん
学習漢字]5年
事柄。「件数件名案件雑件事件条件物件与件用件要件
[名のり]かず・なか・わか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くだん【件】

〔「くだり(件)」の転。普通、「くだんの」の形で用いる〕
前に述べたこと。くだり。 「 -の用件で参上します」
いつものこと。例のこと。 「 -の大矢を打ちくはせ/保元
[句項目] 件の如し

けん【件】

[1] ( 名 )
事柄。ある事に関する事項。 「おたずねの-」
( 接尾 )
助数詞。事柄の数を数えるのに用いる。 「今月の交通事故は一〇〇-を超えた」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android