(読み)くだん

精選版 日本国語大辞典「件」の解説

くだん【件】

〘名〙 (「くだり(件)」の変化した語。ふつう、「くだんの」の形で連体詞的に用いる)
① 前に述べた事柄を、読者や聞き手がすでに承知しているものとして、さし示す語。「の」を伴った形で、前に述べた、さっきの、例の、の意に用いる。→件の如し
※今昔(1120頃か)一三「天皇、此の事を聞き給て、宣旨を下して、件(くだん)の僧を召す」
② その行動、状態などが人々によく知られているものとして、その事柄をさし示す語。「の」を伴った形で、例の、いつもの、あの、の意に用いる。
※吾妻鏡‐元暦二年(1185)一月六日「さやうの論をすべきやうなし。件のさまたげ止させ給ふべく候」
※仮名草子・伊曾保物語(1639頃)中「鶴、件のくちばしを伸べ、狼の口をあけさせ、骨をくはへて」
③ なにかさしさわりがあって、はっきりことばで表わすのを避けるときに用いる語。あれ。例のもの。
※古今著聞集(1254)二〇「五六尺ばかりなるくちなは、いづくよりかきたりつらん、件のかしらにあやまたずくひつきにけり」

けん【件】

[1] 〘名〙 問題としてとりあげられた、ある特定のことがら。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉虚業家尺牘数則「其折御相談の件本日当銀行重役に談じ候」
[2] 〘接尾〙 事柄を数えるのに用いる。〔俚言集覧(増補)(1899)〕〔汪元量‐湖州歌〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「件」の解説

くだん【件】

《「くだり(件)」の音変化。12はふつう「くだんの」の形で用いる》
前に述べたこと。例の。くだり。「用件で話したい」
いつものこと。例のもの。
「―の売卜者(うらない)の行灯が」〈鏡花婦系図
頭が人、体が牛の形をした妖怪疫病の流行や災害などについて予言するといわれる。→予言獣

くだり【件/条】

《「下(くだ)り」と同語源》
文章における記述の一部分。章。条。段。「冒頭の―がよく書けている」
前に述べた事柄。くだん。
「上の―啓せさせけり」〈大和・一六八〉

けん【件】[漢字項目]

[音]ケン(漢) []くだり くだん
学習漢字]5年
事柄。「件数件名案件雑件事件条件物件与件用件要件
[名のり]かず・なか・わか

けん【件】

[名]事柄。特に、問題になる、ある特定の事柄。「例のは承知しました」
[接尾]助数詞。事柄・事件などを数えるのに用いる。「問題は三ある」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「件」の解説

件(くだん)

日本の妖怪。半人半牛の姿で、生まれて数日の間に災害や疫病の予言をし、言い終えると死んでしまうとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android