コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

順芸 じゅんげい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

順芸 じゅんげい

1785-1847 江戸時代後期の僧。
天明5年生まれ。越前(えちぜん)(福井県)の真宗大谷派浄勝寺の住職。深励(じんれい)にまなぶ。文政10年(1827)京都建仁(けんにん)寺で同寺蔵の高麗版大蔵経により黄檗(おうばく)版大蔵経の校訂をはじめ,天保7年に完成。和歌をよくし,頼山陽と親交があった。弘化(こうか)4年9月29日死去。63歳。越前出身。字(あざな)は志道。号は丹山,烏山など。著作に「称名信楽二願希決」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

順芸の関連キーワードベルトレベリンスキーリベリア三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長長久保赤水マンギト朝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android