領解(読み)りょうかい

精選版 日本国語大辞典「領解」の解説

りょう‐かい リャウ‥【領解】

〘名〙
※園太暦‐貞和四年(1348)四月二八日「彼所為雖未解候、定子細候歟」 〔元史‐達礼麻識理伝〕
② (解額を領するの意) 中国の代の制度で、郷試(きょうし)の合格者の数の中にはいること。また、その人。

りょう‐げ リャウ‥【領解】

〘名〙
仏語。教えを聞いてその心を会得すること。悟ること。〔法華義疏(7C前)〕
※正法眼蔵(1231‐53)弁道話「心は身をはなれて常住なりと領解するをもて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「領解」の解説

りょう‐かい〔リヤウ‐〕【領解】

[名](スル)
了解1」に同じ。
奥さんはよく私のいう意味を―して帰って行った」〈漱石硝子戸の中〉
中国、の制度で、郷試きょうし試験に合格すること。

りょう‐げ〔リヤウ‐〕【領解】

の教えを聞いて悟ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「領解」の解説

【領解】りよう(りやう)かい

理解する。〔元史、達礼麻識理伝〕理、幼にして穎(えいびん)、師に從ひて經を授けられ、目して輒(すなは)ち領解す。

字通「領」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android