コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭勝ち アタマガチ

デジタル大辞泉の解説

あたま‐がち【頭勝ち】

[名・形動]
からだのわりに頭の大きいこと。また、そのさま。頭でっかち。
「菖蒲を生けた―の花瓶」〈上司太政官
頭(ず)が高いこと。いばること。また、そのさま。傲慢(ごうまん)。
「天竺(てんぢく)の詤(うそ)つきは、唯我独尊と―の脳味噌を上げ」〈根無草・後〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あたまがち【頭勝ち】

( 形動 )
体のわりに頭が大きいさま。頭でっかち。
が高いさま。ごうまんなさま。 「 -ナ人/日葡」 「主の威勢を甲に着て、下々まで-/浄瑠璃・扇八景」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

頭勝ちの関連キーワード擂り粉木浄瑠璃

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頭勝ちの関連情報