コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頸椎症性脊髄症 けいついしょうせいせきずいしょうcervical spondylotic myelopathy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頸椎症性脊髄症
けいついしょうせいせきずいしょう
cervical spondylotic myelopathy

頸部脊椎症 (変形性頸椎症ともいう) による頸椎部の骨棘形成,あるいは椎間板の突出などで脊髄が圧迫され,上肢の運動障害,下肢の痙性麻痺を起す疾患をいう。四肢および躯幹に知覚障害を認め,膀胱直腸障害を引起す場合もある。頸椎牽引温熱療法,カラー固定などの保存的療法が行われるが,重症のものに対しては,頸椎前方固定術または椎弓切除術を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

頸椎症性脊髄症の関連キーワード変形性頸椎症(頸部変形性脊椎症)頸部脊椎症

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頸椎症性脊髄症の関連情報