頸部腫瘍(読み)けいぶしゅよう(英語表記)Tumors of the Neck

家庭医学館の解説

けいぶしゅよう【頸部腫瘍 Tumors of the Neck】

[どんな病気か]
 頸部に生じる腫瘍の総称です。
 良性腫瘍のほかに、甲状腺(こうじょうせん)がん(「甲状腺がん」)、他の頭頸部(とうけいぶ)悪性腫瘍からリンパ節転移したもの、悪性リンパ腫(「悪性リンパ腫」)などの悪性腫瘍があります。
[症状]
 頸部がこぶ状に腫(は)れます。真性の良性腫瘍ではほとんど痛みませんが、進行した悪性腫瘍では痛みをともなうことがあります。
[検査と診断]
 超音波検査、頸部CT、頸部MRI、腫瘍シンチグラフィーなどが行なわれます。
 悪性腫瘍の頸部リンパ節転移の可能性もあるので、内視鏡で上咽頭(じょういんとう)や下咽頭(かいんとう)、喉頭(こうとう)などを観察します。
 さらに、細い針を腫瘍内に刺し、中の細胞を吸い出して顕微鏡で検査します(細胞診)。
 これにより、ある程度の確定診断が可能です。
[治療]
 真性の良性腫瘍は、さほど大きくなければ放置しても問題ないのですが、美容的な見地から摘出手術することも少なくありません。
 転移性の悪性腫瘍は、原発部の治療とともに、頸部の軟部組織ごと大きく摘出する頸部郭清術(けいぶかくせいじゅつ)という手術が必要になることもあります。
 悪性リンパ腫は、化学療法や放射線療法が適宜選択されます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頸部腫瘍の関連情報