コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼助(2) らいじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼助(2) らいじょ

1246-1296 鎌倉時代の僧。
寛元4年生まれ。北条経時(つねとき)の子。真言宗。京都仁和(にんな)寺の法助に灌頂(かんじょう)をうける。弘安(こうあん)6年(1283)北条氏出身初の鶴岡八幡宮の別当となる。のち東寺長者をへて東大寺別当をつとめ,大僧正となった。永仁(えいにん)4年2月28日死去。51歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。通称は佐々目(篠目)僧正。号は園城寺

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

頼助(2)の関連キーワードフィロズシャーフィルズシャー除法頼助ボーマノアール寛元カルピニグユク(貴由)バーベンベルク朝坂の上の雲

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android