コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

願性 がんしょう

1件 の用語解説(願性の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

願性 がんしょう

?-1276 鎌倉時代の武士,僧。
将軍源実朝につかえ,命により宋(そう)(中国)へわたろうとしたが,紀伊(きい)由良荘(和歌山県)で実朝暗殺の報をきき高野山にのぼる。真言宗禅定院の退耕行勇にしたがい出家し,同荘の地頭職に任じられ,実朝の菩提(ぼだい)をとむらった。のち金剛三昧院の別当となり,由良に西方寺(のちの興国寺)を創建。建治(けんじ)2年4月23日死去。俗名は葛山景倫(かずらやま-かげとも)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

願性の関連キーワード高速道路の整備兀庵普寧藻原寺誕生寺葉陰の劇アウクスブルク時宗授時暦誕生寺寒巌義尹

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone