コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

願性 がんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

願性 がんしょう

?-1276 鎌倉時代の武士,僧。
将軍源実朝につかえ,命により宋(そう)(中国)へわたろうとしたが,紀伊(きい)由良荘(和歌山県)で実朝暗殺の報をきき高野山にのぼる。真言宗禅定院の退耕行勇にしたがい出家し,同荘の地頭職に任じられ,実朝の菩提(ぼだい)をとむらった。のち金剛三昧院別当となり,由良に西方寺(のちの興国寺)を創建。建治(けんじ)2年4月23日死去。俗名葛山景倫(かずらやま-かげとも)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

願性の関連キーワードNRIPPM鎌倉時代心地覚心

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android