コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風早公紀 かざはや きんこと

美術人名辞典の解説

風早公紀

公卿。公元の男。姓藤原。称大和権介。浅間神社宮司。子爵正四位。明治38年(1905)歿、65才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

風早公紀 かざはや-きんこと

1841-1905 幕末-明治時代の公卿(くぎょう),神職。
天保(てんぽう)12年8月21日生まれ。風早実豊の長男。元治(げんじ)元年(1864)福原越後らが長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩主毛利敬親(たかちか)の赦免(しゃめん)を嘆願するため兵をひきいて京都にはいろうとした際,彼らの嘆願をいれるよう朝廷に建言。維新後,宮中につかえる。のち氷川神社,橿原(かしはら)神宮などの宮司(ぐうじ)。明治38年2月28日死去。65歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

風早公紀の関連キーワード明治時代天保神職公卿

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android