濃尾地震(読み)のうびじしん

  • のうびじしん ‥ヂシン
  • のうびじしん〔ヂシン〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1891年 10月 28日6時 37分,岐阜県南部から愛知県地方に発生したマグニチュード 8.0の大地震。最大有感距離 800kmに達したといわれ,近年日本の内陸部で起った地震としては最大。死者は 7273人,負傷者1万 7175人に及び,全壊家屋は約 14万戸を数えた。この地震によって犬山市東方から福井県下にわたる長さ約 80kmの根尾谷断層ができ,根尾川沿いの水鳥 (みどり) 部落では高さ 6mの断層崖が生じ,それは 4mの横ずれも伴っていた。 (→水鳥断層 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

1891(明治24)年10月28日の午前6時38分、根尾村(本巣市付近震源に、マグニチュード8.0の地震が発生。14万戸以上の家屋が倒壊し、県内で4889人、愛知県で2339人など、計7273人が犠牲になったとされる。地震によってできた根尾谷断層は、国の特別天然記念物に指定されている。

(2015-10-29 朝日新聞 朝刊 岐阜全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1891年10月28日美濃・尾張地方に起こった大地震で,日本の内陸部でこれまでに起こった最大級の地震であり,マグニチュードは8程度(現在の気象庁規模で7.9)に達し,有感半径は880kmにもおよんだ。当時の《濃尾震誌》は地震が起こった時の状況を,〈轟然(ごうぜん)一声百雷の頭上に墜落せしと思ふ間もなく劇烈な震動おこし,瓦飛び屋倒れ,地裂け井涸れ,瞬時にして全世界を絶滅すべきを現はせり〉と述べている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

1891年(明治24)10月28日6時38分ころ、愛知・岐阜両県にまたがって発生した地震。規模はM8.0。死者7273人。全半壊の家屋22万2501、道路破裂2万0067か所、橋梁(きょうりょう)損落1万0392、堤防崩壊7177、山崩れ1万0224か所などの被害が発生したが、もっとも被害の大きかったのは美濃(みの)と尾張(おわり)の地方であった。この地震で、北北西―南南東の方向に延長80キロメートル以上にも及ぶ根尾谷断層帯(ねおだにだんそうたい)が出現した。とくに岐阜県本巣(もとす)郡根尾村水鳥(みどり)(現、本巣市根尾水鳥)付近では西側が約6メートル隆起し、南南東方向に約2メートルずれた。余震が多く、岐阜県では10月の有感余震は720回に達した。この地震で、福島県西部岩代(いわしろ)地方、静岡県伊豆地方から西は岡山県美作(みまさか)地方に至る広域で温泉水の増量がみられた。

[宇佐美龍夫]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

明治二四年(一八九一)一〇月二八日濃尾平野に発生した大地震。マグニチュード八。死者七二七三人、負傷者約一万七〇〇〇人、全壊家屋約八万。これによって根尾谷(ねおだに)断層が生じた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

濃尾地震の関連情報