罹災(読み)りさい

精選版 日本国語大辞典「罹災」の解説

り‐さい【罹災】

〘名〙 火事、水害などの災害にあうこと。災害をこうむること。〔布令字弁(1868‐72)〕
※青い月曜日(1965‐67)〈開高健〉一「天王寺駅には災した人や疎開する人が泥水の氾濫のようにおしかけていて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「罹災」の解説

り‐さい【×罹災】

[名](スル)地震・火事などの災害にあうこと。被災。「罹災した人々の救援活動」「罹災地」
[類語]被災被害禍害惨害惨禍災禍災害なん災い災難天変地異天災人災地変風害風水害冷害霜害雪害干害渇水旱魃水涸れ病虫害虫害煙害公害薬害災厄凶事禍根舌禍筆禍試練危難国難水難水禍海難受難遭難貧乏くじ馬鹿を見る弱り目にたたり目泣き面に蜂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android