コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食用花 しょくようかedible flower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

食用花
しょくようか
edible flower

食用にあてる目的で,野菜と同じように生産圃場,種苗,土壌の安全管理がなされる花。エディブルフラワーともいう。花弁の色彩や香りを楽しむため,おもに生のまま前菜(オードブル)やサラダ,ゼリーやケーキなどの菓子に用いる。アメリカ合衆国やヨーロッパで広まったが,日本でも江戸時代から伝統的に食用菊キク)を和え物,酢の物,吸い物,てんぷらなどにして食べる。生花店で売られる花卉(観賞用の切り花や鉢植えの花)には鮮度保持のために薬品が使われることがあり,同じ花でも食用花とは呼ばない。また食べやすいように品種改良されたものもある。栄養価も高く,バラカーネーション,パンジー(サンシキスミレ)には食物繊維が,カレンデュラキンセンカ)にはビタミンAが豊富に含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょくようか【食用花】

食用にする花。エディブル-フラワー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

食用花の関連情報