コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯島保作 いいじま ほさく

1件 の用語解説(飯島保作の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯島保作 いいじま-ほさく

1863-1931 明治-昭和時代前期の実業家。
文久3年9月21日生まれ。生地の長野県上田町で商業会議所会頭などを歴任。大正8年十九銀行頭取となり,昭和恐慌に際し六十三銀行との合併による八十二銀行の創立に奔走。合併直前の昭和6年7月26日死去。69歳。号は花月。江戸庶民文学研究家としても知られ,蔵書1万冊は花月文庫として上田市立図書館に寄贈された。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

飯島保作の関連キーワードドイツ映画ダイハツ三輪車第1号車(HA型)谷川岳中島名左衛門井上財政満州事変売られた花嫁ゲティスバーグ池内大学奥田万次郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone