飯綱使(読み)いづなつかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飯綱使
いづなつかい

御饌津神 (みけつかみ) としてのきつねを使う巫術者。天福1 (1233) 年信濃国荻野城の伊藤兵部太夫が飯縄山 (飯綱山) に登って神通力を得たのに始まる。飯縄山は狐神をまつる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いいずな‐つかい いひづなつかひ【飯綱使】

いずな‐つかい いづなつかひ【飯綱使】

〘名〙 飯綱を使う人。また、その法。飯綱が諸方の見聞を主人に伝える性質を持つと信じられるところから、巫女、祈祷師の類が飯綱を使うのだという。また、信濃の人伊藤忠綱が、天福元年(一二三三)、信州戸隠山飯綱神社で修行して授かった法だという俗説がある。
浮世草子・浮世親仁形気(1720)三「徳三が鉄輪(かなわ)の手品を見て、あの子は飯綱(イヅナ)つかひではござらぬかと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android