コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飴山実 アメヤマミノル

デジタル大辞泉の解説

あめやま‐みのる【飴山実】

[1926~2000]俳人・化学者。石川の生まれ。微生物学者として酢酸菌の研究に業績を残す。俳人としては、俳誌」同人を経て無所属で活動。句集に「おりいぶ」「花浴び」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飴山実 あめやま-みのる

1926-2000 昭和後期-平成時代の俳人。
昭和元年12月29日生まれ。応用微生物学者で,昭和44年山口大教授,のち関西大教授。俳句は戦後すぐに沢木欣一の「風」にくわわる。一時中断したが,芝不器男(ふきお)の句に感銘して復帰,平明で純粋な句風で知られた。平成12年3月16日死去。73歳。石川県出身。京大卒。句集に「花浴び」,評論集に「季語散歩道」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

飴山実の関連キーワード芝 不器男長谷川櫂

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android