沢木欣一(読み)さわき きんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢木欣一 さわき-きんいち

1919-2001 昭和-平成時代の俳人。
大正8年10月6日生まれ。細見綾子の夫。加藤楸邨(しゅうそん),中村草田男師事。昭和21年金沢で「」を創刊,29年より社会性俳句を主唱する。この間「天狼」同人。41年東京芸大教授。62年俳人協会会長。即物具象の作風で知られ,平成8年「白鳥」で蛇笏(だこつ)賞。平成13年11月5日死去。82歳。富山県出身。東京帝大卒。句集に「塩田」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沢木欣一
さわききんいち
(1919―2001)

俳人。富山市に生まれる。加藤楸邨(しゅうそん)、中村草田男(くさたお)に師事。1946年(昭和21)『風』創刊。のち主宰誌となるが、当時は同人誌で、俳句の社会性論議の中心的な場であった。「塩田(えんでん)に百日筋目つけ通し」を含む「能登(のと)塩田」30句は、欣一の代表句であるばかりか、この時代の代表作としても記憶される。塩田の作業を凝視してうたった写真句であるのでいつまでも色褪(いろあ)せぬ秀作である。47年、年上の俳人細見綾子と結婚。句集に『塩田』(1956)、『沖縄吟遊集』(1974)、『二上挽歌(ふたがみばんか)』(1976)、『遍歴』(1983)、『眼前』(1994。詩歌文学館賞)、『交響』(1999)などがある。即物、即興、対話を重んじ、日本人の心の原郷に触れようと努めた。東京芸術大学教授、のち名誉教授。俳人協会会長をも務めた。1996年(平成8)自伝的回顧録『昭和俳句の青春』(1995)で俳人協会評論賞を、また同年第十句集『白鳥』(1995)により蛇笏(だこつ)賞を得た。『白鳥』の代表作は「八雲わけ大白鳥の行方かな」で、新潟県瓢湖(ひょうこ)での作。雄大な心象風景となり、どこか大人物の逝去を思わせるところがある。2001年11月5日死去。主宰誌の『風』は、「一代限り」との遺言によって、その死去とともに終刊となった。[平井照敏]
『『地聲 句集』(1973・角川書店) ▽『赤富士』(1974・牧羊社) ▽『定本塩田 沢木欣一句集』(1976・牧羊社) ▽『二上挽歌』(1976・永田書房) ▽『自註現代俳句シリーズ第2期17 沢木欣一集』(1980・俳人協会) ▽『遍歴 句集』(1983・立風書房) ▽『日々の俳句』(1983・求龍堂) ▽『往還 句集』(1986・角川書店) ▽『俳の風景』(1986・角川書店) ▽『奥の細道を歩く』(1990・東京新聞出版局) ▽『沢木欣一 自選三百句』(1991・春陽堂書店) ▽『眼前 句集』(1994・角川書店) ▽『俳句の基本』(1995・東京新聞出版局) ▽『昭和俳句の青春』(1995・角川書店) ▽『白鳥 句集』(1995・角川書店) ▽『交響 句集』(1999・角川書店) ▽『綾子の手 句集』(2000・角川書店) ▽『沖縄吟遊集 沢木欣一集』(邑書林句集文庫) ▽沢木欣一編著『子規・写生 没後百年』(2001・角川書店) ▽沢木欣一ほか著、聞き手・黒田杏子『証言・昭和の俳句』下(2002・角川書店) ▽細見綾子編『欣一俳句鑑賞』(1991・東京新聞出版局)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沢木欣一の関連情報