饅頭こわい(読み)まんじゅうこわい

世界大百科事典 第2版の解説

まんじゅうこわい【饅頭こわい】

落語。原話は,中国の《五雑組(ござつそ)》や《笑府(しようふ)》にある。若い者の雑談の末に,こわいものの話になる。蛇がこわい,蛙がこわいなどというなかで,まんじゅうがこわいという男がいて,その名を聞いただけで気持が悪いと寝てしまう。みんながまんじゅうを買って来て男の枕もとに並べると,ぺろりと食べてしまう。〈畜生,一杯食わせやがった。やい,本当にこわいのはなんだ?〉〈ここいらで濃いお茶が一杯こわい〉。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

饅頭こわい
まんじゅうこわい

落語。原話は中国明(みん)代『五雑俎(ござっそ)』『笑府』にあり、江戸中期にわが国で広まった。若い者が大ぜい集まって雑談をしているうちに、怖いものの話になった。ヘビ、ナメクジ、カエル、アリ、オケラ、クモ、ウマ、ナンキンムシなど次々に怖いものがあげられたが、最後に饅頭が怖いという男がいた。一同がいろいろな饅頭の名をあげてからかうと、その男は気分が悪いと隣の部屋で寝込んでしまう。一同は、あの男はいつもいばっているから懲らしめようと饅頭を買い集めて、男の枕元(まくらもと)に積んでおく。外からようすを見ていると、男は「あー、こわい、こわい」と叫びながら饅頭を次から次へと食べてしまう。計略にかかったことに気づいた一同が「手前が本当にこわいのはなんだ」「ここらでよいお茶が一杯こわい」。この咄(はなし)は江戸で成立したが、大阪で練り上げられてから、ふたたび東京へ移された。おもしろいので演(や)り手が多い。[関山和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android