コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駅逓局 エキテイキョク

デジタル大辞泉の解説

えきてい‐きょく【駅逓局】

明治初期、駅逓・通信をつかさどった官庁。明治10年(1877)にそれまでの駅逓寮を改称。同18年逓信省の所管となり、同20年廃止。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えきていきょく【駅逓局】

明治前期、交通・郵便、ついで為替・貯金のことをつかさどった官庁。1877年(明治10)駅逓寮を改めて置かれ、85年逓信省に吸収された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の駅逓局の言及

【駅逓司】より

…74年1月内務省所管となり,郵便為替・外国郵便の開業(1875年1月),郵便貯金の開設(同年5月),万国郵便連合への加盟(1877年2月)など,事業の発展に努めた。77年1月駅逓局と改称し,81年4月農商務省設置とともにその所管となったが,85年12月逓信省へ移管され,87年3月廃局となった。【山本 弘文】。…

※「駅逓局」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

駅逓局の関連キーワードイブン・ホルダードベイブン・フルダーズベクニッピングマイエット本田 種竹高橋健三農商務省本田種竹デグロンウトビー駅逓志稿呉文聡駅逓司林董貯金郵便

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android