コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駐蔵大臣 ちゅうぞうだいじんzhu-cang da-chen; chu-tsang ta-ch`ên

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

駐蔵大臣
ちゅうぞうだいじん
zhu-cang da-chen; chu-tsang ta-ch`ên

中国,清時代チベットに派遣され政治を監督した大臣で,駐蔵弁事大臣と 帮弁大臣の2人を含む。清朝は雍正5 (1727) 年のチベットの内乱平定よりのち,チベットを保護国的立場においたが,その内政はダライ・ラマを中心とする自治的な要素が強かった。しかし外交権,貿易権,皇帝の特命で軍事権はラサに駐在した2人の駐蔵大臣の手にあり,その他の内政も彼らによって監督され,清朝はチベットの宗主国としての立場を貫いた。なお,大臣は皇帝直属であったが,その事務は理藩院に属した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうぞうだいじん【駐蔵大臣 Zhù Zàng dà chén】

中国,清朝からチベットのラサに派遣されてチベット地方政府の政務を監理した大臣。駐蔵辧事大臣の略。定員2名。任期3年。その創設は1727年(雍正5)。駐蔵大臣は設置の当初はチベット地方政府の補佐役にすぎなかったが,93年(乾隆58)よりその職権が強化され,チベット地方に関する重大政務は駐蔵大臣の監理下に置いて,ダライ・ラマらの専断を許さなくした。【若松 寛】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone