コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨法 コッポウ

4件 の用語解説(骨法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こっ‐ぽう〔‐パフ〕【骨法】

骨組み。骨格。
根本となる規定。また、基礎となる枠組み。「最新技術の骨法を将来する」
芸道などの急所となる心得。こつ。「師の芸の骨法を会得する」
礼儀や故実の作法。
「礼儀―弁(わきま)へたる者一人(いちにん)もなし」〈平家・一〉
骨法用筆」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

骨法【こっぽう】

中国の絵画用語。対象の形態の根源にあるもので,これを把握することが絵画制作上の主眼点とされる。謝赫(しゃかく)の六法考え方によればその把握の手段は用筆,すなわちデッサン力である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こっぽう【骨法 gǔ fǎ】

中国画の用語。5世紀,南斉末の画家,謝赫(しやかく)の画の六法の第二則〈骨法用筆〉に由来する。謝赫は絵画の骨格を形成するものは用筆すなわち線描だと考えた。これは古代・中世の絵画の特質でもあり,線描による明確な輪郭線に,随類賦彩つまり固有色がほどこされた。中唐以降,いわゆる水墨画が成立すると,筆のさまざまなタッチや墨の濃淡の運用で,輪郭線と固有色は否定され,形と色は相対的なものと考えられるようになったが,筆と墨とは楕円の二つの焦点のように,絵画構成の二つの極であり,筆は客観性を,墨は主情的なものをそれぞれ象徴した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こっぽう【骨法】

体の骨組み。骨格。
芸術・芸道などの奥義。こつ。
基本となる規定。また、基礎・基盤。 「 -を伝へし故/蘭学事始」
礼儀作法。 「滝口の-わすれじとや/平家 4
中国画の用語。南宋の謝赫しやかくの用いた骨法用筆に由来。六法ろつぽう中の第二位。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

骨法の関連キーワード謝赫南斉六法気韻古画品録南斉書翎毛画木村玉英祖栄辺鸞

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

骨法の関連情報